So-net無料ブログ作成
検索選択

大館市立扇田病院で1億1800万円の横領事件発生!犯人は委託業者の40代女性 [地域のニュース]

何ともすごい事件が発生したものだと思う。昨日すでに全国ニュースになっているようです。

事件は昨日8月1日に発覚し今朝の北麓新聞1面にデカデカと掲載された。その記事によると、20年3月から今年4月までの間に扇田病院で窓口業務を始めとした医療事務を担当していた40代女性が1億1792万を着服していたことが明らかになった。女性は市内の委託企業に4月までに勤務していたもので業務改編により依願退職していた。市立病院は委託業者に損害賠償をするとともに、刑事告発等について顧問弁護士らと協議しているという。

ougitahp.jpg


ベッド数104床という中規模の病院だが、大館市と合併する以前は町立病院だった。
市の厚生委員会の報告では、先月21日に5月分の収入が200万円増えていたことから、改めて領収書控えと照合してみると、医事システムに入力されていない領収書が見つかったという。領収書控えの保存期間は7年とされているが、残っていた20年度分と合わせて確認すると、今年4月前の間に3万227件、1億1792万434円分の領収書が病院のシステムに入力されておらず収納されていないことが明らかになった。(これは記録が残っている分だけで、女性は平成16年から勤務しているので実際の被害額はそれ以上となる)

この女性は患者から預かった領収書と現金を抜き取るとともに、医事システムから当該データを除外することで発覚を免れていたようです。(ただ、今回の調査で領収書の再確認で発覚とあるが、そもそも領収書が抜き取られていても、控えがあることでわかったものと思われる)当該女性は平成16年に当時業務委託していたニチイ学館の従業員として窓口を担当していたが、平成22年に東北ビル管材に変更になるのに合わせて移籍していたということです。そのため損害賠償としてニチイ学館に1780万円、東北ビル管材に1億2055万2527円を請求する模様。

市立病院は今回の事件に対して、一人の人物を同じ業務に長期専任させていたことが要因だとして、今後は業務内容の見直しを行い対策を取るとしている。

今回の事件を受けて病院開設責任者として名前を登録している福原市長としてもじくじたる思いだろうと思われます。「再発防止に努める」とのコメントを発表しているが、次回の市長選ではかなり厳しい戦いになることが予想されます。




2017-08-02 10:38  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。