So-net無料ブログ作成
検索選択

十和田湖畔の大川岱遊園地でアルパカとのふれあいとフォルクーレ演奏が開催される [地域のニュース]

過去記事「十和田湖にアルパカがやってくる!」で書いたように、26日十和田湖畔の大川岱遊園地でアルパカとのふれあいが開催されたようです。

arupaka.jpg
北麓新聞Webより引用

アルパカと一緒にペルーの民族音楽「フォルクローレ」の演奏も行われ、27日も午前10時から午後4時まで行われ他模様です。イベントは青森県八戸市や湖畔字樽部でアルパカ牧場を経営する小坂水産ラインがアルパカのかわいさに触れてもらうとともに、異文化交流を目的として開催され、26日は時折小雨が降るあいにくの空模様でしたが、親子連れなどが訪れたという。

フォルクローレ
、英語のfolkloreがスペイン語化したもので、言葉本来の意味としては、音楽のみならず民俗学、民俗的な伝承一般を指すが、日本では、ラテンアメリカ諸国の民族音楽、あるいは民族音楽に基礎をおいた大衆音楽を特に指している。日本で有名なのはサイモンとガーファンクルの「コンドルは飛んでいく」という曲の演奏で有名である。東京ではペルー人が各地で路上コンサートをやっていたりします。


コンドルは飛んでいく「サイモンとガーファンクル」



コンドルは飛んでいく「ロス・アキウス」



2015-09-27 20:50  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

女優の川島なお美さんが胆管がんで亡くなる!福島に行ったのが・・・・ [日本のニュース]

女優の川島なお美さんが昨日胆管がんで亡くなられたようです。

(ここから)

 女優の川島なお美(かわしま・なおみ、本名・鎧塚 なお美=よろいづか)さんが24日午後7時
55分、胆管がんのため、都内の病院で亡くなった。54歳だった。愛知県出身。
 青山学院大学在学中の79年に「シャンペンNo.5」で歌手デビュー。文化放送の深夜番組「ミス
DJリクエスト」で人気を博し、82年に日本テレビ系「お笑いマンガ道場」でアイドル的存在となった。

 女優としてキャリアを積み、94年に映画「新極道の妻たち 惚れたら地獄」、96年にテレビ朝日
系ドラマ「イグアナの娘」に出演。97年に日本テレビ系ドラマ「失楽園」で濃厚なラブシーンが話題
となった。

 「私の体はワインでできているの」という言葉で知られるように大のワイン好きで、09年にはパテ
ィシエの鎧塚俊彦氏と結婚した。

 14年に肝内胆管がんの手術を行ったが、15年9月に報道陣の前に姿を見せた際にはやせ細
っていて体調が心配されていた。ミュージカル「クリスマス・キャロル」などを降板。代役が決まった
際には「完璧に元気になって女優に復帰できるよう当面は治療に専念させていただくことになり
ました」とコメントを出すなど復帰を目指していたが、叶わなかった。

引用→http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150924-00000157-spnannex-ent

(ここまで)

2chで見たときには一瞬信じられなかったのですが、2chで該当ページを開こうとしてもエラーで
ページが展開しなかったので、がせか?と思いましたが、その数時間後yahooでも報じられ真実
だったことがわかりました。

当初、Twitterでこのニュースが流れていたので、多くの人が嘘だろう?と思ったようです。

ただ、気になるのが川島さんも福島を応援するということで、訪れていたことがあったことです。
http://ameblo.jp/naomi-kawashima/entry-10934778314.html
2011/6/26に「がんばっぺ福島」と題して自らの福島訪問記をブログで報告しているが、このとき
食べた果物からの放射能が原因だったのではないか?と勘ぐるのは私だけだろうか?
福島を応援といって訪れた何人かの芸能人がその後亡くなっているが、思うに放射線に強い人と
弱い人がいるんではないかと思いますね。もともと日本は広島と長崎に落とされた原爆が様々な
経路で放射能を日本全国に拡散しているので、戦後の今、多くの人には外国人と違い日本人に
は、放射能耐性ができているのではないかと思われます。

しかし、中には遺伝的に弱い人もいることは確かで、そのような人は訪問後心筋梗塞で亡くなって
いたりします。

最近、友人の話では大館市内でも葬儀会場が満杯らしく、見つけるのが困難だそうです。確かに
北麓新聞に掲載されるお悔やみの欄の人数が増えた気がします。これも、311以降、放射能が秋
田県内陸部にも蓄積し始めているのだろうか?と思います。ただ、新聞に掲載されるのを見ると
ほとんど検出されませんでしたとあるので、場所にもよるのだろう。
まあ、私の妄想のようなものですので、気にしないでください。

参考記事 http://saigaijyouhou.com/blog-entry-8141.html


2015-09-25 05:23  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

9月27日(日)にオナリ座で昭和の風景を映す8ミリ映写会入場無料 [地域のニュース]

大館市の映画サークル。絵夢人倶楽部が27日午後6時から8ミリフィルム上映会「ホームムービーの日」
を御成町のオナリ座で開催する。入場は無料とのことです。

映写内容は
△桂城幼稚園の遠足(日景温泉、昭和30年頃)
△海への旅(大館~岩館海岸、同45年頃)
△大日堂舞楽(鹿角市、同)
△雪の三重連矢立峠越え(矢立峠、同40年代)
など、7,8作。

「ホームムービーの日」は10月第3土曜の国際的な記念日で、家庭に眠ったフィルムを持ち寄って上映
する。米国のフィルム保存専門家らの提案で平成15年に始まったものです。弘前市で平成18年から
開かれており、上映会は弘前と連携した取り組み。

連絡先 代表者 越前 TEL 0186-42-0625

平成となって27年経過しますが、昭和というとものすごいノスタルジーを感じてしまいます。
特に昭和30~40年代は日本が大きく発展しうようとする高度成長期の前でもあったので、今と違った
もっとも日本人的な良さを残していた時代だったように思います。
当時はまだ、2,3歳の子供は丸裸で空き地を闊歩する時代で、誰も違和感を持つようなところが
なかったものでした。今見たら周囲の人々が卒倒し、児童虐待で届け出られるかもしれないことだった
と思います。それだけ牧歌的な風情が色濃く残っていたときで、たんぼもトラクターなどはなく、馬や
牛を農夫が引いてぐるぐる回りながら耕していました。


昭和のフィルム(youtubeから)











2015-09-24 11:11  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

鹿角市でタクシー運転手殺害され、犯人逮捕される [地域のニュース]

なかなか地域ではない事件でしたので取り上げました。事件は5日夜9時前後に発生し、犯人は6日夜にスピード逮捕されました。

事件概要
秋田県鹿角市花輪新田町の道の駅で9月5日、男性が血だらけで死亡しているのが見つかりました。警察は殺人事件とみて捜査。発表によると9月5日午後10時10分ころ、鹿角市花輪新田町にある「道の駅かづの あんとらあ」の駐車場で、タクシー運転手の男性が血だらけの状態で倒れていたということです。駐車場を利用していた女性が発見、110番通報したことで事件が発覚。これを受けて秋田県警鹿角署の警察官らが現場に駆けつけたところ、駐車場に止められたタクシーの近くで、鹿角市花輪に住むタクシー運転手・田中義次さん(66)が倒れていたということです。田中義次さんはすぐに病院へ運ばれたものの、搬送先の病院で死亡が確認されました。
転載元→http://breaking-news.jp/2015/09/06/021486


NHKでも何度か包装されていますので多くの方が知っていると思います。
問題は犯人がタクシー運転手を刃物で腹部を刺した後、さらに車でひき殺していることです。そして、タクシーは花輪駅近くのスーパーへ配車依頼があり、犯人が乗車後道の駅経由で荒屋敷へ向かうことを伝えていることと、道の駅に自分の車を用意してあったことから、怨恨がらみの事件ではなかろうかと思っております。犯人は刺したことは認めたものの、それ以外のことに関しては黙秘しているということです。


犯人は自宅のリフォームの返済を抱えていて、東北大震災のときにリストラに遭ったらしい。その原因は勤務していた宿泊施設で騒ぎを起こしたためだったらしい。もしかしたら、そのときの騒ぎに殺害された田中さんが絡んでいたのだろうか?今後の捜査次第で詳細が明らかになると思うが、ニュースには出ないと思います。



2015-09-08 21:01  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

駅前に「交流拠点施設「ハチの駅」建設構想案が出される [地域のニュース]

大館市の9月定例会議で総務財政委員会(小棚木委員長)から大館駅前にある旧小坂鉄道跡地(先日
肉博覧会が開催された場所)に交流拠点施設(ハチの駅)の整備を計画し、誘客機能や情報発信機能
の集約化を図ることとするという案が出された。


これによると、事業期間は平成28年度から31年度を予定し、木造2階建て約2590㎡の建物を建設する。
秋田犬とのふれあい広場やカフェ、曲げわっぱなどの体験、歴史紹介ブースといった集客機能を盛り込む
ほか、観光情報発信機能も併せ持つことになるようです。


また、駅周辺の環境整備として旧小坂鉄道のレールを生かした遊歩道の整備や多目的広場を整備。
駅前の浸水対策、市道拡張などの基盤整備も進めるという。今回の案の原案となったのは、前年度に
実施した市民アンケートで、駅前に欲しい施設の要望として、「観光物産プラザ」が多かったためとした。


この案に対し、出席した委員から「既存の施設でも対応できる。新たに作る必要はないのでは?」とか
「行政が作った施設は、経営が厳しくなる例が多い、大丈夫か?」などという声があったようです。



大館駅前が風化して久しいが、それでも昨年はオナリ座のオープン、肉博の開催、御成町3丁目の
道路拡張工事など新プランや相次いでいる。このようなことから、この流れを停滞させないためにも
このような観光拠点施設を建設することには賛成である。しかし、何となく何かが足りないような感じ
を受ける。何が足りないのかというと、観光客がエンジョイできるものがチ公や曲げわっぱに限定され
ているからかもしれない。私だったら、その施設内にドーム裏手にある郷土博物館を入れ込むだろう。
郷土博物館に一度行ってみましたが、大変素晴らしい展示内容です。縄文・弥生時代に石器から
ついこの間の昭和初期に使われた農機具の展示、春は多彩なひな壇の展示、また最上階には科学
的な体験スペースなどがあり、けっっこう時間をつぶすことができました。内容から見ると大変充実して
いて飽きさせないものがあります。残念なことは市の中心部から離れすぎていて、バスで行っても
30分以上かかり、ほとんどの人が訪れていないのではないかと思います。もし、これを駅前に持って
くれば、はるかに優れた観光施設となると思います。そこに大文字焼きの歴史やあめっこ市の風景
を写真や動画で紹介し、そこを拠点に多くの観光施設があることを大きな看板ルートで説明するなら
観光客もその後の足取りが軽くなるでしょう。そためには移動するための足が必要です。ドームや
各施設を回れるルートバスをそこを発着点として回転するようにするとさらに良いだろうと思うのだが
どうだろうか?







2015-09-04 20:40  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

市庁舎建設位置が変更される [地域のニュース]

福原市長が当選して以来、昨年あれほど話題になった市庁舎建設の話が出てこないので気にして
いたのですが、どうやら建設予定位置が変更になったようです。

これまでの案では市民体育館付近としていましたが、福原市長の「ふるさと大館再生」政策の観点
から、6月定例議会で、「桂城公園は城址公園として、歴史と文化を発信する拠点であり、建設位置
の詳細は議会と協議したい」と述べていたことが今回変更となった要因だろうと思います。

新たに示された案は「現在の本庁舎北側(A棟)と秋田地方裁判所大館支部の北側(B棟)の2カ所に
分けて建設されることになった。これまでの案は現市民体育館付近としていた。

工事にあたっては現庁舎の一部が解体されることになるが、比内・田代庁舎を活用することで対応す
る予定とのことです。また、プールも一部建設位置と重なることから29年度には使用中止となる模様。

sityousyaiti.jpg

事業費はトータルで予定していた35億3780万円を少し上回る予定のようです。
それにしても、この事業費を果たして10年後人口減少となったときに返済していけるのだろうか?



2015-09-02 21:20  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog