So-net無料ブログ作成

大館市立病院のサービスが悪い? [地域のニュース]

ここのところ、市立病院の評判があまりよくないらしい。私も市立病院の評価についていろいろと
聞いてはいるのですが、ここまで評価が下がると問題かなとも思います。

siritubyouin.jpg

それは救急患者受け入れ態勢の問題です。

ベッド数200床以上の大病院は原則として中小病院や開業医からの紹介状がないと診察を
受けられません。そのため、市立病院でも紹介状が必要になります。

ある人の話だと、救急で病院に行ってもタクシーで行った場合には拒否され、救急車で運ばれた
場合には紹介状なしでも受け付けてもらえるということでした。友人の知人が診療時間外に
骨折してしまい、そこでタクシーで市立病院救急まで行ったのですが、受付で紹介状がないと
言うことで診察を断られ、全く見てもらうことができなかったということでした。そこでいったん
帰宅し、改めて救急車を呼び救急外来に行ったら受け付けてもらえたという話です。

ここで、問題となるのはこうした紹介状なしの場合、医療法では

1)紹介状がなくとも、患者がどうしても望む場合には自己負担金を払えば診察を受けられる
2)紹介状がなくとも救急外来は受け入れなくてはならない

という決まりがあります。今回のケースは救急病院にタクシーで行ったために断られたものですが
救急病院で紹介状なしで診察を受けるためには救急車が必要という定めはないはずです。

しかしながら、大館市立病院では以下のように定めているようです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
大館市立病院ホームページから「初診患者受付について」

初診の患者さんへ

紹介状(診療情報提供書)の持参のない場合には、初診時の保険外併用療養費として、1,620円を
負担していただいております。(このご負担をもって、紹介状必要科の受診をお約束するものではあり
ません。) なお、救急患者さん、公費適用の患者さんについては、初診時特定療養費の対象から除
きますので、上記料金はいただきません。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

紹介状なしの場合、「自己負担金を支払うことが受診をお約束するものではありません」と断り書き
があることがわかりましたが、救急外来を除くとありますので、病院側から見て拡大解釈されているのでは?という懸念が生じます。


病院の業務は多忙を極め、特に夜間は人手不足なこともあり、受け入れ患者の制限をしなければ
対応できないことや地域医療機関の受診奨励、大病院としての役割等、あるいは認めてしまうと
患者が殺到しさばききれないという問題点が浮上することは理解できますが、症状の程度による
受け入れ判断をしてもらえれば、ある程度患者も納得するのではないかと思います。

もし、他の民間地域医療機関の夜間受け入れ態勢に問題があるのなら、そちらの方を改善するの
が急務ではないかと思います。

現実には大館市の夜間の救急体制は大館市立病院隣接の夜間救急センターと秋田労災病院の
2か所のみで、他の民間病院は当番医による受け入れ態勢が見つかりませんでした。これでは急な
病気や怪我で紹介状を持って来いと言うのが無理な話です。

いかがなものでしょう。



2016-03-15 05:04  nice!(0)  コメント(1) 

大館市議会で福原市長に「早く結婚を」と迫った相馬エミ子議員の戒告が採択される [地域のニュース]

なかなか興味深い議員語録が大館市で生まれたものだと思います。今や全国的なニュースになり
2ちゃんも賑わしているほどのようです。秋田って有名になるのはこうしたニュースが多いですね。


今朝の北麓新聞にも掲載されていましたが、概略


(ここから)

元社民党秋田県連副代表の相馬ヱミ子大館市議(67)が市議会で、独身の福原淳嗣市長(48)に対し
「未婚の市長とは議論できない。結婚を」と発言し、市議会は1日の本会議で戒告の懲罰を科した。

相馬氏は2月29日の本会議で保育士不足について質問した際、福原市長に対し
「まだ結婚もしていなし、子供もいない。これでは同じ土俵で議論できない」
「市長にはぜひ、この任期4年間の間に結婚してもらいたい」と述べた。

一部議員が懲罰動議を提出し、懲罰特別委員会が地方自治法が定める「公開の議場における戒告」を可決。
本会議で保守系会派や公明、共産などの賛成多数で可決され、議長が戒告文を読み上げた。

相馬氏は「以前の市議会で市長から『お母さん』と呼ばれたこともあり、親心で子育ての重要性を訴えた。
結婚は私的なことで、誤解を招く表現だったが、悪意はなく、戒告は納得いかない」と話している。

相馬氏は7期目。平成22年から25年まで社民党県連副代表を務めた。
市議会では民主、社民系などでつくる会派「新生クラブ」に所属している。

産経ニュースより引用転載

(ここまで)

「まだ結婚もしていなし、子供もいない。これでは同じ土俵で議論できない」

これはちょっと言い過ぎだと思いますね。「じゃあ結婚してれば同じ土俵で議論してもいい」と言って
いるのに等しく、議論にならない前提です。



2016-03-01 20:48  nice!(0)  コメント(1) 



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。