So-net無料ブログ作成

祝!内閣改造人事で金田勝年衆院議員が法相に任命される [秋田のニュース]

昨日の第3次安倍内閣第2次改造内閣で額賀派所属で秋田県の衆院議員である金田勝年氏が
法相に任命されました。おめでとうございます。


菅官房長官が秋田県雄勝郡雄勝町出身なので引き立てられたのかもしれないですね。
金田氏は大蔵省主計官を経て、平成7年の参院選で初当選。2期連続勤め、この間に農林水産政
務次官、外務副大臣、自民党副幹事長などを歴任。3選を目指した19年の参院選では落選したが
政界を引退した野呂田氏の後継者指名を受け、21年の衆院選に立候補。選挙区では落選したが
比例区で当選した。24,26年の衆院選では秋田区で当選。衆院財務金融委員長、予算委員会理事
を経て、先の通常国会で予算員会の筆頭理事を務めていた。


大館市長である福原淳嗣氏は野呂田防衛大臣と金田勝年氏の秘書を務めていたこともありその
喜びはひとしおのことだったろうと思います。福原市長は「野呂田芳成氏以来、長らく待たれていた
郷里秋田からの大臣誕生を心からお喜び申し上げる。高い見識、抜群の発言力、行動力を持つ
金田氏の雄姿を今から期待せずにいられない」と述べている。


金田氏は浪人中の1968年に東大入試の中止が決定されたため、一橋大学経済学部に入学し
1973年、一橋大学経済学部を卒業し、旧大蔵省(現財務省)に入省している。

金田氏の政策・主張として次のようなものがある。

日本国憲法の改正、集団的自衛権の行使を禁じた内閣法制局の憲法解釈の見直しに賛成[9]。
日本の核武装について「将来にわたって検討すべきでない」としている[9]。
原子力規制委員会の新基準を満たした原子力発電所の再稼働に賛成[9]。
女性宮家の創設に反対[9]。
日本の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加に反対[9]。
2010年に選択的夫婦別姓制度の導入に反対の請願を出している[10]。一方、2014年のアンケート
  では賛否を明らかにしていない
特定秘密保護法に賛成。

一環として国民目線での主張であり、今後のご活躍を期待したいと思います。







2016-08-04 21:00  nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:blog