So-net無料ブログ作成
東北のニュース ブログトップ

プーチン大統領に秋田犬をもう1匹贈ろうと持ちかけるが失敗! [東北のニュース]

朝日新聞デジタルによると
(ここから)
 ロシアのプーチン大統領が15日に来日し、日ロ首脳会談が行われるのに合わせ、日本政府がロシア側に打診していた秋田犬の贈呈が実現しない見通しとなった。萩生田光一官房副長官が9日、自身のホームページで明らかにした。「北方四島」をめぐる交渉を前に、秋田犬「2頭」目の交渉は失敗に終わった。以下同記事参照ください。
(ここまで)

2012年に秋田犬を贈呈した時のことを書いた新聞記事
akitainu.jpg
引用→http://blog.goo.ne.jp/wanwan3111/e/702e63697f7782f67a101ab68488952b

2012年当時はロシアとの関係も良好だったので、これからという意味も含めて贈呈を受け入れたものと思われるが、さすがに今回はどうだろうか?と思っていました。

プーチン来日で北方領土問題の一機解決を目論んでいたと思われますが、当初希望的な観測があったにもかかわらず、来日前に総理がトランプと対談したからなのか、それ以降雲行きが怪しかったですね。菅官房長官は秋田県出身なので、プーチン来日記念に秋田犬を贈ろうと思っていたのだろうと思います。これが成功していればかなり大きなニュースになったと思いましたが、残念なことだったと思います。時期が悪すぎました。




2016-12-10 17:13  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

秋田商業強し!もしかしたら?準決勝までいけるかも! [東北のニュース]

第97回全国高校野球選手権大会第5日は10日、甲子園球場で3試合が行われ、2回戦に突入
した第3試合では、2年ぶり18回目出場となった秋田商(秋田)が20年ぶり3回目出場の龍谷
(佐賀)を3―1で破り、ベスト16進出一番乗りを果たした。

〇花巻東vs専大松戸
〇仙台育英vs明豊
◯秋田商vs龍谷
〇鶴岡東vs鳥取城北
✕三沢商vs花咲徳栄
 聖光学院vs東海大相模

今年は東北勢ががんばっているようです。
このまま順調にいけば、東北勢同士の夢の対決が見られるんではないかと?

秋田商業地方大会5試合で55奪三振の成田翔は16奪三振で1失点完投と前評判通りの
投球をみせ、快勝したが、注目投手の一人です。

ぜひ、このまま勝ち進んで準決勝、決勝へと駒を進めてほしいものです。


2015-08-11 20:58  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

地域のバス事業衰退の救世主となるか?ヤマトと市バスとの共同事業 [東北のニュース]

http://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/20150603_705232.html
より転載

(ここから)

 岩手県北自動車とヤマト運輸は、岩手県北エリアでバス路線網を展開する岩手県北バスの路線バスで「宅急便」を輸送する貨客混載バス“ヒトものバス”の運行を開始した。

yamato01.jpg


 貨客混載バスは、中山間地域などで高齢化や過疎化が進む中、バス路線の生産性向上による路線網の維持と、物流の効率化による物流網の維持を主な目的としたもの。現行制度ではトラックは荷物を運ぶ業務、バスは人を運ぶ業務と役割が決まっているが、一定の条件下でバス事業者は少量の貨物を運ぶことができる。

 今回の貨客混載では、バスの後部座席を荷台スペースにした車両を開発し、一定量の宅急便を積載できるようにした。貨客混載を開始する路線バスは、岩手県盛岡市と宮古市を結ぶ都市間路線バスおよび宮古市内から重茂半島を結ぶ一般路線バスで導入する。盛岡発の貨客混載バスは、JR盛岡駅東口バスターミナルの7番停留所から出発する「106急行(宮古行き)」で、毎日11時40分発の便となる。開始時は1日1便での運行となる。
車両の後部に窓がなく、荷物を出し入れするためのドアがある

yamato02.jpg


 貨客混載バスには「ヒトものバス」と銘打ったラッピングを施してあり、車体の外観は黄色の目立つカラーリングとなっている。特徴的なのはバスの後部で、荷台スペースの部分は窓がなく、外側から見えないようになっている。荷台スペースは車内後部から入れるようになっているが、出入口はかなり狭い。荷台スペースの中にはローラーコンベアが縦方向と横方向の2本が設置されており、荷物を動かしやすくしている。また、外側からもドアを開けられるようになっており、フォークリフトから荷物の積載も可能。荷物の運搬には専用ボックスを使用し、その中に宅急便の荷物を入れて輸送する。

yamato03.jpg

 これまでヤマト運輸は、岩手県北上市の物流ターミナルから宮古営業所へ大型トラックによって幹線輸送を行ない、さらに宮古営業所から約18km離れた重茂半島まで集配車両で輸送していた。貨客混載バスを使うことにより、物流ターミナルから宮古営業所までの運行途中にある「盛岡西営業所」まで大型トラックで幹線輸送し、同営業所で主に重茂半島行きの宅急便を貨客路線バスに積み替えて、宮古営業所まで輸送する。また、宮古営業所から重茂半島までを「重茂路線バス」で輸送し、岩手県北バスの重茂車庫でヤマト運輸のセールスドライバーに宅急便を受け渡す流れとなる。

yamato04.jpg


 貨客混載によるメリットとしては、路線バスの空きスペースで荷物を輸送することでバス路線の生産性が向上し、バス路線網の維持につながる。従来はトラックで輸送していた宅急便の一部を路線バスで輸送することにより、物流の効率化が実現できる。これまで重茂半島の担当セールスドライバーは、午後の便で入る重茂半島行きの荷物を宮古営業所まで取りに戻っていたが、今後は荷物を取りに戻る必要がなくなるため、集配効率が上がるとともに、ほかの地域と混載で輸送されていた重茂半島行きの荷物を仕分ける作業がなくなり、作業効率が向上する。また、トラックで運行していた区間の一部を路線バスに切り替えることにより、二酸化炭素排出量の低減にもつながる。

 盛岡駅東口で行われた貨客混載バスの出発式では、岩手県北自動車 代表取締役社長 松本順氏が「今回の貨客混載は、人的な輸送と宅配便の融合させたユニークな取り組みで、バスの後部座席を一部取り外して荷台スペースを作る改造まで施した本格的なものです。人的輸送・物的輸送の現場の人材不足が深刻化する中で、どのように公共輸送と宅配便の利便性を確保していくのか、民間企業として努力していく所存です」と語った。

 また、ヤマト運輸 代表取締役社長 長尾裕氏は「当社は、全国各地で企業や自治体と連携し、見守りや買い物支援などのサービスを提供する『プロジェクトG』を推進しており、地域に根ざしたサービスを展開しています。今回、貨客混載バスにより生産性の向上と物流網の最適化、交通ネットワークの維持に取り組みたいと思います」と語った。

(ここまで)

これまで、路線バスの維持が難しくなった過疎地の地方交通は、コミュニティバスやデマンドタクシーの活用で維持することを目指してきていますが、輸送コストは下げられる反面運転手の確保が必要な課題があります。大館市でも秋北バスの乗客が年々減り続け、市からの助成金でかろうじて残っています。

今後の人口減所に伴い、車の利用者が増え続けるに従い、ますますバス事業は立ち行かなくなると思いますが、岩手県で開始されたヤマト運輸との持ち合い事業は全国的に見て注目すべきものと思います。

国土交通省が、貨客混載輸送の拡大を次世代の地方交通の施策として掲げ始めたことから、今後こうした形態が定着していくことが予想されます。「特に貨客混載については、現行制度上、バス、トラック事業者等が一定の条件の下で行うことが認められているが、既存事業者の営業が行き届かない過疎地域等において、安全性について配慮しつつ、タクシーによる有償貨物運送やトラックによる有償旅客運送を可能とすることが適当である」としていて、タクシーが荷物を運んでいいし、トラックが客を乗せていい、という規制緩和を行う方向を打ち出しているようです。



2015-06-08 10:22  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

お隣青森の有名歌手吉幾三が緊急の心臓手術?こりゃ大変だ! [東北のニュース]

吉幾三と言えば、私の持ち歌のひとつ「酒よ」の歌手である。
毎回カラオケではこの歌で周囲を感心させているが、この吉幾三が心臓の緊急
手術だそうです。
もしかしたら、コレって放射能の影響では?と思ってしまいました。

食物や飲料水の放射能が体に吸収され、心臓の細胞にダメージを与え、それが
原因で心筋梗塞などで亡くなるケースがあるという話を聞いたことがあるからです。

そういえば、他にも何人かいましたね。

◆西田敏行(俳優) 03年3月、自宅で気分が悪くなり救急搬送。心筋梗塞の症状で
 搬送も早く、緊急手術は30分ほどで終了した。4月に仕事復帰した。

◆渡辺徹(俳優) 12年3月ごろから疲れを訴え、4月にCT検査したところ、心臓の肥
大が判明。冠状動脈の1本が完全に詰まった「虚血性心疾患」と診断された。
5月にカテーテル手術を受けて6月に復帰した。

◆ドン小西氏(ファッションデザイナー) 12年11月にテレビの企画で心臓ドックを受け
たところ、心臓の血液が逆流している「弁膜症」が判明。12月に手術を受けて回復した。

というような状況のようです。
皆さんも気をつけましょう。



2013-03-09 20:44  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

東北のニュース ブログトップ