So-net無料ブログ作成
検索選択
地域のニュース ブログトップ
前の10件 | -

大館市立扇田病院で1億1800万円の横領事件の手口について [地域のニュース]

ougitahp.jpg



先日大館市立扇田病院で発生した約1億1千万円の横領事件については北麓新聞に特集が組まれていて、その詳細が徐々に明らかになっているが、かなりその手口は巧妙だったようです。

今回の事件は窓口対応の40代女性一人が犯人であったが、一人がこれだけ長期間同じ業務を続けられたことに関しては、委託した会社に対する人事権を市側が持っていなかったことも原因のひとつだが、その手口にも驚きの表情を隠せないようだ。

抜き取り手口は患者から自己負担分のお金を受け取ると同時に領収書控えを抜き取るものだったようです。その後医事の会計システムに当日の領収書控えの金額データが入力されるが、自分が抜き取った分だけ会計システムから手入力で削除していたという。しかも、その会計システムから削除する手順は他の誰もが知らず、システム開発業者に問い合わせて初めてそのやり方がわかったというものでした。彼女はどのようにしてその手順を知ることが出来たのだろうか?これはSEプログラマーくらいの知識がなければわからないはずだし、一般の職員には出来ない内容です。

しかし、年間2000万円に及ぶ金額が抜き取られたとすると、一日当り概算で一日当たり16万円になるが、そのお金を抜き取った時にどこに隠していたのだろうか?患者からお金を受け取る都度抜き取った場合には小銭の重さでポケットが膨らみ続けるだろうし、机の下に一時的に保管していたとしても、他の同僚からその作為的動作が目につかなかったのだろうか?とても10年間人の目をごまかせ通せたとは思えない。私が思うに上記2点から誰か協力者がいたのではないかと思うのだが・・・。

しかも、確定申告で患者が医療費控除を受ける際に問い合わせてくるが、そのときも抜き取ったことがばれないようにしていたとあったが、これも不思議な話です。患者から問い合わせがあった時点で医事の会計システムに当該患者の入力データがなければ誰かがおかしいと思うはずだし、今回の犯人が患者からの問い合わせ、確認などの業務を一括して担当していたのだろうか?また、年間を通じて本人が休みを取らない日はないので、彼女が非番の時に問い合わせがあれば他の職員が対応するので発覚してたと思うのだが。あまりにも犯行の経緯が整い過ぎていて、普通に考えたら起こりえない事件です。

(追記)
後日、友人に聞いた話によると職場では知られていたらしいです。ということは黙認されてた?







2017-08-04 09:54  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

大館市立扇田病院で1億1800万円の横領事件発生!犯人は委託業者の40代女性 [地域のニュース]

何ともすごい事件が発生したものだと思う。昨日すでに全国ニュースになっているようです。

事件は昨日8月1日に発覚し今朝の北麓新聞1面にデカデカと掲載された。その記事によると、20年3月から今年4月までの間に扇田病院で窓口業務を始めとした医療事務を担当していた40代女性が1億1792万を着服していたことが明らかになった。女性は市内の委託企業に4月までに勤務していたもので業務改編により依願退職していた。市立病院は委託業者に損害賠償をするとともに、刑事告発等について顧問弁護士らと協議しているという。

ougitahp.jpg


ベッド数104床という中規模の病院だが、大館市と合併する以前は町立病院だった。
市の厚生委員会の報告では、先月21日に5月分の収入が200万円増えていたことから、改めて領収書控えと照合してみると、医事システムに入力されていない領収書が見つかったという。領収書控えの保存期間は7年とされているが、残っていた20年度分と合わせて確認すると、今年4月前の間に3万227件、1億1792万434円分の領収書が病院のシステムに入力されておらず収納されていないことが明らかになった。(これは記録が残っている分だけで、女性は平成16年から勤務しているので実際の被害額はそれ以上となる)

この女性は患者から預かった領収書と現金を抜き取るとともに、医事システムから当該データを除外することで発覚を免れていたようです。(ただ、今回の調査で領収書の再確認で発覚とあるが、そもそも領収書が抜き取られていても、控えがあることでわかったものと思われる)当該女性は平成16年に当時業務委託していたニチイ学館の従業員として窓口を担当していたが、平成22年に東北ビル管材に変更になるのに合わせて移籍していたということです。そのため損害賠償としてニチイ学館に1780万円、東北ビル管材に1億2055万2527円を請求する模様。

市立病院は今回の事件に対して、一人の人物を同じ業務に長期専任させていたことが要因だとして、今後は業務内容の見直しを行い対策を取るとしている。

今回の事件を受けて病院開設責任者として名前を登録している福原市長としてもじくじたる思いだろうと思われます。「再発防止に努める」とのコメントを発表しているが、次回の市長選ではかなり厳しい戦いになることが予想されます。




2017-08-02 10:38  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ハチねんぶりに大文字を犬に戻す!(大館大文字祭り) [地域のニュース]

ハチねんぶりに大文字を犬に戻す!(大館大文字祭り)


(ここから)

8月16日に大館市で開かれる「大館大文字まつり」の実行委員会が24日、市北部コミュニティセンターで開かれ、
開催50回目の節目を記念し、恒例の大文字焼きを「犬文字」として一定時間実施することを決めた。
実施時間などは今後詰める。
大文字焼きで犬の文字が登場するのは2009年以来2回目。

犬文字はこの日の実行委で事務局から提案された。
出席した13人の実行委員から反対意見はなく、8年ぶりの実施が承認された。
実行委は実施時間のほか4画目の「、」の形状や大きさ、描き方を月内に固めることにしている。

大文字焼きは1968年から、市東部の鳳凰山(520メートル)の
8合目周辺を刈り払ってかたどった「大」の文字の火床(ひどこ)に火を付けて行われている。

(ここまで)

犬文字を廃止るするとき、これまでの伝統を守ろうとする人と、若い人たちの間で意見の食い違いが

鮮明となり、結局大の字にしたと記憶しているが、8年前のことなので定かではない。

大館のハチ公は市民の間にもかなり定着浸透してきたので、大館の知名度を上げていくためにも

字を犬に戻すことには賛成です。



2017-07-25 20:43  nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:blog

大館で特殊詐欺発生!550万円の被害 [地域のニュース]

7月12日大館署は市内に住む80代の女性が特殊詐欺に遭ったと公表した。内容によると今年の2月と3月に製薬会社からのパンフレットが郵送されてきた。その後、男からの電話で「薬を買う権利を譲って欲しい」との連絡があり、女性はそれを承諾した。(パンフレットは製薬会社の権利を得られたという内容のものだったかなど詳細は不明)

その後、弁護士を名乗る男からの電話で「製薬会社と商社の間で裁判になり費用がかかる」と言われ、3月22日に現金300万円を指定された東京都内の住所地に宅配便で郵送した。
6月下旬ごろ、今度は製薬会社を名乗る男から「弁護士が倒れて裁判が成立しなくなった。もう一度裁判をやることになり250万円が必要。和解すれば金は戻る」と言われ7月3日に指定された埼玉県内の住所地に宅配便で現金を送ったという。

しばらくして、男と連絡が取れなくなり大館署に相談に行き、事件が発覚した。

と、いうことらしいが・・・・。そもそも製薬会社からのパンフレットの内容を不審に思わなかったのか気になります。
広島県警察で公開している資料があり、それを見てみると似たようなものに

sagi.jpg
分類:信託受益権
会社名:株式会社ワールドケア
住所:東京都港区芝公園1-6-8泉芝公園ビル2F
内容:医療機器の製造・販売等を行う企業の信託受益権購入を勧めるもの

があるがどうも製薬会社への投資を呼びかけるもののようです。富山県警察で公開しているものの中にも、
----------------------------------------------------------------------------------------
3月2日、Bさん宅に、証券会社D社のカミヤと名乗る男から電話がかかり、「封筒が届いていないか。」と尋ねられ、Bさんが、届いていない旨を伝えたところ、「富山に、がんセンターが建設されるので、投資をお願いしたい。投資の費用は、当社が1,000万円を用意するので、あなたの名前だけ貸してほしい。」等と依頼された。
----------------------------------------------------------------------------------------

というのがあるので、製薬会社に関する債券の受益権利が発生していることが述べられていて、その後、その債権を譲って欲しいと持ちかけられたものだろう。

新聞の報道ではそこまで書かれていないので、今回の報道内容だけでは読者が特殊詐欺に遭わないようにするには不十分だろうと思います。できればその詳細事例を掲載するか参考となるWebなどを紹介することで内容の周知徹底することが重要ではないだろうかと思います。

そもそも、電話をかけてきた人はこういう会話には熟練しているので、よほど注意するか電話があった時点で誰かに相談するなりしない限りこうした事件は増えるものと思います。ただ、簡単に「宅配便でお金を送ることを指示されるのは特殊詐欺」と言われても、背後にやむを得ない事情があるのだろうと被害者が思い込んでしまうか、電話口の男から秘密厳守と言われたりすれば、犯罪だろうが何だろうが乗せられることは想像に難くないところです。

やはり、犯罪の具体的な内容を書いたパンフレットを配布して周知徹底することが最も大きな予防対策になると思われます。残念ながら大館手警察署のホームページはかなり作成ソフトが古いようで、そのような事例も見当たらず予防には不十分と思われます。



2016-07-13 15:48  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

5月に起きた秋田市のホテルでの170万円強盗事件犯人逮捕! [地域のニュース]

先月23日の記事「秋田市のホテルで170万円奪われる強盗事件発生!」の犯人が逮捕されたようですね。

捕まえてみれば、犯人は福島県の会社員だったようで秋田県人でなかったのだけが幸い脱調な気がします。それにしてもこんなに早く捕まるとはね。警察の捜査力もあなどれないです。


(ここから)

5月26日未明に発生した秋田市中通のホテル「ホテルα―1(アルファーワン)」の強盗事件で、秋田中央署などは4日、強盗の疑いで福島県いわき市、会社員佐藤裕樹容疑者(26)を逮捕した。

引用:http://www.sakigake.jp/news/article/20160704AK0014/

(ここまで)


2016-07-04 18:29  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

市内の道路があちこち傷んでいるのに修理予算が少ないのでは? [地域のニュース]

市の6月定例議会で福原市長を迎えて行われた建設水道委員会で「道路関連予算が少ないのでは」と指摘され、「2億円に倍増すべきでは」という意見が出された。

今年度は当初予算として前年並みの約1億1千万円が計上されたが、補正予算で3千万円上積みされている。しかしながら、市全体で道路整備に200件もの要望が出ている現状からすると、絶対的に予算が少なすぎす。計画的に行うことも重要だが、当初予算の約2倍の2億円にすべきだと福原市長に質問があった。

これを受けて市長は「2億円ありきではなく、町内会とコミュニケーションを取りながら改善していきたい」と答弁し、「ふるさと納税で使い道のない寄付金を道路補修に充ててはどうか」という意見が出され、これについては「前向きに検討したい」と答弁があった。



確かに市内の道路はあちこちが傷んでいて、でこぼこだらけです。最近市内中央の道路が整備されたが、一歩市街に出ると樹海ラインなどの主な道路を除いた住宅街などの細い道路はつぎはぎだらけです。これは道路の質が悪いことが原因ではないかと思います。新しく道路を補修しても数年で雪のために穴ぼこだらけになるというのが現状です。

しかし、ここ数年の道路を見てみると耐久性が増し、5年から10年くらいは雪害を受けないようになってきています。しかるに業者が道路整備業務を毎年請け負えるようにするためにあえて雪害を受けやすいものにしてきたのではないかという疑問が生じます。市の道路整備もそれほど進まないのは、すぐにダメになるからでしょう。もちろん、市の対応が遅れていることも原因とは思います。

したがって、予算を増やし耐久性のある道路づくりを業者に要請することが将来の道路整備予算削減にもつながるのではないかと思われます。












2016-06-21 10:51  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

夏の軽装に「はちくんポロシャッツ」が人気急上昇中 [地域のニュース]

本場大館きりたんぽまつり実行委員会が販売している「はちくんポロシャッツ」の人気が急上昇していて、注文が相次ぎ生産が追い付かない状況だとか・・・。

hatikunporo.jpg

平成26年に市観光キャラクター「はちくん」のグッズとして、帽子、缶バッジ、シャッツなどを制作。Tシャッツは当初1種類のみだったが、キャラクターのワンポイントやポロシャッツなど新デザインを考案。先日7日の6月定例会で福原市長や職員・市議らが「おそろい」のポロシャッツに身を包んだことが話題になり、報道で知った市内外のお客さんから注文が相次いだという。受注生産のため、現在納品まで1か月待ちだという。

これを受けて市では急きょ市のホームページに注文書をアップしたようです。
http://www.city.odate.akita.jp/dcity/kankou/29-7233.html

定価、色、酒類などは上記ホームページを参照してください。

また、はちくんイメージソング&ダンス「ワンだふるはちくん」の動画も公開している。



なかなか軽快でアップテンポな曲です。踊れます。

歌っているのは、秋田県大館市の観光大使を務める因幡晃です。1975年、第10回ヤマハポピュラーソングコンテストに『わかって下さい』で出場し最優秀曲賞を受賞。また、第6回世界歌謡祭にて入賞。翌年ディスコメイトレコードから『わかって下さい』で歌手デビュー。






2016-06-14 10:53  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

またもクマ被害!70代女性遺体で発見される今季4人目 [地域のニュース]

9日午後2時40分ごろ鹿角市十和田大湯字田代平の空き地で女性の遺体が発見された。遺体は損傷が激しく、7日から山菜取りに出かけていて帰宅していないと届け出のあった青森県十和田市の自営業鈴木ツワさん(74)とみられる。

10日午前7時ごろから警察や消防など17人と県警ヘリ「やまどり」が捜索していたところ車を止めてあった場所から150㍍ほどのささやぶで発見された。

kadunokuma.jpg

遺体発見後、クマが1頭いるのを発見したので猟友会に駆除を依頼し、射殺された模様です。襲ったクマかどうかは解剖して胃袋の中を調べればわかることです。

追記(6/13)
後日報道された記事によると、このクマの胃袋から人体の一部が見つかったということなので、このクマが該当するようですが、複数頭の可能性もあるので注意が必要です。なお、これだけの被害が出てもタケノコ採りに入るのは、40kg16000円で業者に販売できることもあるようです。1日に採れれば採れた分だけの収入があるわけですから、止められないのでしょう。


今回、発見された場所が道路に近いことから、おそらくクマの狩りに遭ったのだろうと思います。4例も続いていることからクマが人を食料として見ている可能性が高いでしょう。そうでなければ山林の中で襲われるはずであり、下まで降りてきていてクマに待ち伏せされたと見ていいのではないかと思います。

もう、この近辺ではタケノコ採りは止めたほうがいいでしょう。


2016-06-11 16:14  nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

ここのところいろいろな事件が多いです。詐欺、クマ、遭難など・・・・ [地域のニュース]

昨日4日には様々な事件があったようです。

小坂町で詐欺被害
3日小坂町の40代女性がスマホでインターネットを閲覧して詐欺被害に遭い、166万円をだまし取られたようです。鹿角署によると今年4月14日にスマホでインターネット閲覧中、急にアダルトサイト登録画面に切り替わり、「解約する場合は30分以内に連絡ください」と表示された。

sagi.jpg
たぶんこんな画面でしょう。あくまでもイメージです。

その後画面の連絡先に電話すると男から解約や解約手数料名義で支払いを要求され、指示通りコンビニで電子マネーを購入して番号を伝え36万円をだまし取られた。その後も個人情報削除の名目で計130万円をだまし取られたという。
この場合は警察か誰かに相談すべきでしょうね。以前知人のパソコンに似たようなものが現れたので削除してあげたことがありますが、かなりしつこいです。画面を開くたびに現れるので他人に見られたらそれこそ大変と思うので被害に遭うのでしょう。警察にも恥ずかしくて相談できないというところでしょうか。

大館市池内で子クマ射殺
4日午前7時45分ごろ、大館市池内字上野の国道103号線大館南バイパスいけないランプ付近を走行中の男性がクマが横断するのを目撃し、大館署に通報した。その後大館猟友会が周囲を捜索したところ10時20分ごろにクマを発見し猟銃で駆除した。駆除されたのは体長110cmのツキノワグマで子グマだった。親グマも弾が当たったが逃げられた。

そのほか、北秋田市上杉の県道、北秋田市七日市の国道105号線、比内町新館字館下の比内福祉保健総合センター南側でクマが目撃されている。今年は例年に比べ目撃情報が2倍くらい多いです。


遭難女性無事保護される
・4日午後森吉山にタケノコ採りに入山した男性から妻が戻らないと通報があり、県警ヘリが付近を捜索して午後3時30分ごろ入山した地点から北東約200㍍の地点で無事保護された。

・4日午後0時半ごろ十和田大湯田代平でタケノコ採りに入山した会社役員の親子二人が下山時間になっても現れないと連絡があり、防災ヘリなまはげで捜索が行われた。午後2時50分ごろ乳酸地点から200㍍先のささやぶで発見された。


・今日は田代でたけのこ祭りです♪








2016-06-05 06:52  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

豪風が比内町のふるさとゲートボール場「すぱーく比内」で子どもたちの相撲教室開催 [地域のニュース]

6月4日9時から豪風他3名の力士が比内町のふるさとゲートボール場「すぱーく比内」で小学生のための相撲教室を開きました。朝いちばんで行ったつもりでしたが、駐車場は半分以上埋め尽くされ見学の人たちも多数いました。

今回は最初に行われた豪風らの入場から開催セレモニーの様子を動画で撮影しましたので行かれなかった方はぜひ見ておいてください。

県内各地から集まったちびっこ力士
takekaze01.jpg

主催者のあいさつ
takekaze02.jpg

前に並んだ豪風他3名の力士
takekaze03.jpg

豪風が相撲のしこの取り方を教えている場面
takekaze04.jpg

開催セレモニーの動画



最初にしこ20回、腕立て伏せ10回、腕の体操5回を4回インターバルでやっていましたが中にはしこを踏んでいるうちに疲れが出てきてふらついている子供もいました。けっこう見ていてもしんどいというのがよくわかります。

明日は田代たけのこ祭りに来る予定です。


2016-06-04 13:50  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

前の10件 | - 地域のニュース ブログトップ